2006年春にオープンしたルーラルカプリ農場。もともとは乳牛の酪農家です。
明治43年創業で、今で4代目となります。先祖は明治8年にはアメリカのカリフォルニア州に行き、ホルスタイン種という乳牛を導入したのです。

日本の酪農も良い時代もありましたが、ご存知のように今では酪農経営は大変厳しくなってきています。

「なぜヤギなんですか?」とよく聞かれるのですが、その理由はたくさんあるのです。一番の理由は山羊の乳の乳質にあります。人の母乳にもっとも近いとされるヤギミルクは、どんな優れた牛乳よりも人の体には有効なのです。

もちろん牛の乳でブランド作りも考えたのですが、国内にもいくつも本当に立派に経営されているブランドの酪農家がありますから、それらと競争をするのはどうかと思いました。しかし正直どこで付加価値を付けたらよいのか分かりませんでした。手間隙もコストもかけていますから、やたらと安くというわけにはいかないのです。

「乳」というのは血液からできているのです。沸いて出てくるものではありません。
牛や山羊たちは正に、「命を削って」乳を出しているのです。
肉用の家畜の様にもいきません。肉になるまで立っていられれば良いのではなく、毎年仔を産み、毎日「乳」を生産するために、バランスを考えて栄養を与えます。

マーケットでは常に競争があります。

品質、価格、イメージ等々。

そういう事ではなく、独自のスタイルで
<喜んでもらえるものに取り組みたかったのです。

流通システムを避けて、創造的な方法を見出すために重点を置いたのは「ドゥ・イット・マイセルフ」倫理です。

そして山羊の乳の乳質と美味しさに出会った時に
「決断」することは意外と簡単でした。

準備を始めていくといろいろと難題や苦労もありましたが
「何事も動きながら考える」というスタイルでやってきました。

やっていくうちにたくさんの素敵な事に気付きました。
山羊は美味しさと栄養だけでなく、本当に人の社会に役立つ動物だということが分かったのです。

私たちの考え方は、「とにかく世の中の役に立つことを続けていきたい」ということです。山羊はその点、様々な役に立つことを兼ね備えていると確信しています。
健康、教育、セラピー、福祉、環境、等々・・。

山羊ミルクは母乳に代る唯一の栄養源であり、山羊の人懐っこさは、多くの人の心を癒してくれます。
情操教育にも役立っています。幼稚園、保育園、小学校、地域の公園などで山羊を飼うことにより、素晴らしい効果が耳に入ってくることは、私たちにとって本当にうれしいことなのです。

世の中の役に立っているのであれば、自然とこの事業は続けていけるのではないかと考えるようになりました。

日本のエネルギーや食糧事情、社会問題を考えると、私たちは考え直さなければならないことがたくさんあることに気付きます。
ただ常識というのではなく、国際社会ですので、もっとグローバルなスタンダードを意識して、もっとシンプルな生き方をしていかなければなりません。

私たちが努めているのは、

・自分たちが愛する山羊ミルク製品を適正価格で販売すること。

・自分たちがすることすべてを美しく、興味深く、親しみやすくすること。

・身も心も健康であるために情報、ライフスタイルを伝えていくこと。

・何事も世界標準で考えること。

・目的が数字や物ではなく、心にある感情がこの上なく幸せであること。

・地域の食、音楽、アートと共に仕事をすることで
お互い高めあい継続できるようにし、仲間の努力には援助を惜しまないこと。

ルーラルカプリ農場に訪れる事で、隣の人に心を開き、微笑みかけ、いつもより優しい言葉をかけられる。そのような農場でありたいと思います。

ルーラルカプリ農場は観光農場ではありません。

私たちは山羊を育て、乳を搾り、チーズやヨーグルトを作っている一つの農場に他なりません。それでも、ここを皆様に開放してゆったりとのんびりと過ごしてもらい、山羊たちと触れ合い、乳製品を味わってもらえることを本当に誇りに思っています。

そしてなにより、皆様との出会いを大切にしていきたいと考えています。

小林 真人 ルーラルカプリ農場 代表









https://img15.shop-pro.jp/PA01240/711/etc/cart.gif?cmsp_timestamp=210109

About the owner

小林 真人

こんにちは 
ルーラルカプリ農場代表
小林です。

Blog